あったかいゆず湯の入り方 - 知って得する野菜の活用術

  トップページ   サイトマップ   管理人プロフィール   リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村・野菜料理・料理ブログランキング”に参加しています。記事がお役にたちましたら、応援していただけるとうれしいです。応援はこの下のリンクを一押ししていただくだけでOKです。 o(^▽^)o
にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ

 当サイトのすべてのページは、サイトマップからご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   管理人プロフィール   リンク集
  トップページ   サイトマップ   管理人プロフィール   リンク集

あったかいゆず湯の入り方

2014年09月28日 15:08

 このページでは、心も体もホカホカのあったかいゆず湯の入り方をご紹介しています。


あったかいゆず湯の入り方

 晩秋からっ冬にかけて旬を迎えるゆず(柚・柚子)の実は、冬至に入るゆず湯のほかにも、お吸いものや、ゆずもち(ゆもち)、ゆずようかん、ゆずみそ(ゆみそ)、ゆべし(ゆびし)など、昔からさまざまに利用されてきました。
 そのなかでも、寒い夜に、芯から身体をあたためてくれるゆず湯は格別ですね。

 冷え性にも効果的なゆず湯

 気温がどんどん下がっていく晩秋から冬にかけては、血液循環が悪くて手足が冷えやすい人、神経痛やリューマチの人には辛い季節。そうでなくても、風邪をひいたり、体調を崩したりといったことが多いものです。

 ゆず湯は、ゆず(柚・柚子)の香りの元になっている精油成分の温熱効果で、身体を芯から温め、冷え性、リューマチ、神経痛などに効果があるといわれていますから、手足が冷えやすい人や、神経痛やリューマチの人は、冬はもちろんのこと、夏でもぬるめのお湯にゆずを入れて、ゆっくりと身体をあたためてみてはいかがでしょう。

あったかいゆず湯の入り方

 心も体もホカホカのゆず湯の入り方

 ゆず湯は、黄色く熟したゆずを数個用意して、軽く水洗いをしたあと、輪切りにしたものをお風呂に浮かべて入ります。
 輪切りにすることで、果皮に含まれる精油成分の温熱効果と、果肉や果汁に含まれるビタミンB1、B2、Cが、寒い季節に荒れがちな手や肌を整えてくれます。

 ただし、ビタミンは熱で壊れやすい性質がありますので、輪切りにしたものを余分にとっておいて、お風呂の後に手や肌にすり込むとより効果的です。

 もしも、輪切りにしたゆず(柚・柚子)でお湯が汚れることが気になるときは、布袋に入れて湯船に浮かべてみましょう。温まりながら、この袋で手や、ひじ、ひざ、かかとなど荒れやすいところをこするのも、効果的です。

 使い終わったゆず(柚・柚子)は、2~3回くらいなら繰り返し使っても効果がありますので、捨てないでざるに広げて干しておくといいですね。

 上手なゆず(柚・柚子)の選び方は、当サイトの”上手なゆず(柚・柚子)の選び方と保存法”のページでご紹介していますので、よろしければご覧になってみてください。


 今回は、心も体もホカホカのあったかいゆず湯の入り方をご紹介しました。

当サイトは、にほんブログ村・野菜料理・料理ブログランキング”に参加しています。記事がお役にたちましたら、応援していただけるとうれしいです。応援はこの下のリンクを一押ししていただくだけでOKです。 o(^▽^)o
にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ

 当サイトのすべてのページは、サイトマップからご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   管理人プロフィール   リンク集


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yasainokatuyoujyutu.blog86.fc2.com/tb.php/127-83d54872
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    足の臭いの悩み・原因と対策・解消法
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。