Category[ ナス(茄子) ] - 知って得する野菜の活用術

  トップページ   サイトマップ   管理人プロフィール   リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村・野菜料理・料理ブログランキング”に参加しています。記事がお役にたちましたら、応援していただけるとうれしいです。応援はこの下のリンクを一押ししていただくだけでOKです。 o(^▽^)o
にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ

 当サイトのすべてのページは、サイトマップからご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   管理人プロフィール   リンク集
  トップページ   サイトマップ   管理人プロフィール   リンク集

ナス(茄子)の上手な選び方と保存法

2013年07月16日 02:52

 このページでは、新鮮でおいしいナス(茄子)の上手な選び方と保存法についてご紹介しています。



 ナスやキュウリやレタスなどを始めとした夏野菜は、水分を多く含み、ほてった体を冷まし新陳代謝を促す働きがあります。暑い夏を乗り切るためには、夏野菜を積極的に摂ることも大切です。
ナス(茄子)
 そんな夏野菜のなかでも、ナス(茄子)は、煮て良し、焼いて良し、揚げて良し、さらには漬物にしても良しと、まさに夏野菜の優等生。

 ところが、ナス(茄子)は、そのほとんどが水分ですので、鮮度が落ちるとあっという間に、干からびてしわしわになっていきます。そこで、今回は、新鮮でおいしいナス(茄子)の上手な選び方と保存法についてご紹介してみましょう。


 茄子の上手な選び方

 ナス(茄子)は丸くて重いものを選ぶ
賀茂なす
 ナス(茄子)にも、京都の賀茂ナスで知られるまん丸い丸ナスや、長ナス、水分が豊富な水なすなどいろんな品種がありますが、どの品種を選ぶときでも共通して言える事は、大きさに関係なく全体にふっくらとした丸みと張りのあるナス(茄子)がおいしいナス(茄子)です。

 また、手に持ったときに、見た目の大きさと重さの釣り合いが取れているものを選ぶのもポイントです。大きさのわりに軽く感じられるものは避けておきましょう。


 ナス(茄子)は、色が良く傷やシワの無いものを選ぶ

 ナス(茄子)の独特の紫がかった紺色は、ナスニンという抗酸化作用の高いポリフェノールの色で、活性酸素の働きを抑えて動脈硬化や老化を防ぐ働きがあります。ナス(茄子)を選ぶときには、紺色が均一で濃いもの、変色していないきれいなもの選んでおきましょう。
 また、表面を良く見て、傷やシワの無いものを選んでおきましょう。


 ナス(茄子)は、ヘタの切り口が新しいものを選ぶ

 ナス(茄子)の鮮度は、ヘタの切り口にも表れます。ヘタの切り口が新しいものほど新鮮ですので、枯れたり乾燥して縮んでいないかも確かめておきましょう。


 茄子の上手な保存法

 ナス(茄子)は、そのほとんどが水分ですので、いったん収穫して切り取られると、数日でシワシワになってしまいます。そのため、使うときには、1本単位で丸ごと使い切るようにしましょう。

 そして、保存するときも、1本単位で丸ごとラップに包んで冷蔵庫で保存します。ただし、それでも3日~4日くらいが限度と考えて、できるだけ早めに使い切るようにしましょう

 もし、長く保存したい場合は、皮を取りレンジで加熱した後ラップでくるんで、アルミ製のトレーなどに並べて急速冷凍してください。用途は煮物などに限られてしまいますが、長期保存も可能です。


 今回は、新鮮でおいしいナス(茄子)の上手な選び方と保存法についてご紹介しました。

スポンサーサイト

当サイトは、にほんブログ村・野菜料理・料理ブログランキング”に参加しています。記事がお役にたちましたら、応援していただけるとうれしいです。応援はこの下のリンクを一押ししていただくだけでOKです。 o(^▽^)o
にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ

 当サイトのすべてのページは、サイトマップからご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   管理人プロフィール   リンク集


最新記事


足の臭いの悩み・原因と対策・解消法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。