Category[ 筍(たけのこ) ] - 知って得する野菜の活用術

  トップページ   サイトマップ   管理人プロフィール   リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村・野菜料理・料理ブログランキング”に参加しています。記事がお役にたちましたら、応援していただけるとうれしいです。応援はこの下のリンクを一押ししていただくだけでOKです。 o(^▽^)o
にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ

 当サイトのすべてのページは、サイトマップからご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   管理人プロフィール   リンク集
  トップページ   サイトマップ   管理人プロフィール   リンク集

筍(たけのこ)の見分け方、選び方

2009年04月08日 15:00

 このページでは、おいしい筍(たけのこ)の見分け方、選び方についてご紹介しています。


 筍(たけのこ)のおいしい季節になってきました。


 京都にも筍(たけのこ)の名産地がたくさんあって、その中でも長岡京市の”乙訓(おとくに)の筍”は、絶品とされ、京都の有名料亭などでも旬の食材として人気を集めています。


 平安時代の女流作家、清少納言の代表作「枕草子」の二四九段のはじめのところに、


 ”岡は船岡 片岡 鞆岡(ともおか)は 笹の生いたるがをかしきなり かたらひの岡 人見の岡”


 という一節があります。


 ここに記されているる鞆岡(ともおか)というのは、現在の京都府長岡京市の友岡地区、つまり乙訓のことだといわれています。

 長岡京市には延暦3年(784)から10年後の延暦13年(794)まで、長岡京という都が置かれ、笹が茂ったこの美しい里だったそうです。

 
 乙訓筍(おとくにたけのこ)の歴史はというと、遠く奈良時代にまで遡ると言われています。



 一般的な筍(たけのこ)の品種はそのほとんどが、孟宗竹(もうそうちく)。

 もともと中国江南地方の原産で、京都には、1700年頃に宇治の黄檗山万福寺(おうばくさんまんぷくじ)を経て、乙訓に伝わったとされています。



さて、おいしい、筍(たけのこ)の見分け方ですが、産地から離れた地域の店頭で販売されている筍(たけのこ)の場合、選ぶポイントは5つ。


ポイント 1 … まず筍(たけのこ)の穂先の色に注目しましょう。

 筍(たけのこ)の穂先の黄色が、できるだけ強いものを選んで下さい。黒っぽいものもありますが、これは、お日様にあたっているから。

 朝日が昇る前に採った筍(たけのこ)は黄色い色をしています。穂先が黒い筍(たけのこ)は、”えぐみ”が強い場合が多いので、避けたほうが無難です。


ポイント 2 … 筍(たけのこ)の切り口に注目してください。

 できるだけ色が白いもの、みずみずしいものを選びましょう。


ポイント 3 … 筍(たけのこ)を手にとって重さを確かめてみてください。

 重くてずんぐりしている筍(たけのこ)がおいしい筍(たけのこ)です。


ポイント 4 … 筍(たけのこ)の外皮の色に注目です。

 できるだけ薄い茶色でつやのある筍(たけのこ)を選びましょう。

 外皮が濃い茶色をしている筍(たけのこ)は、身が硬くなっているしるしです。


ポイント 5 … に泥がついているものが掘りたてです。

 スーパーなどでは、軽く泥をおとしてある筍(たけのこ)もありますので、上の4つのポイントを満たしているだけで十分ですが、露店などで買い求める場合は、泥のつき具合も見ておきましょう。


 今回は、おいしい筍(たけのこ)の見分け方、選び方についてご紹介してみました。

 関連記事

 筍(たけのこ)の上手なゆで方

スポンサーサイト

当サイトは、にほんブログ村・野菜料理・料理ブログランキング”に参加しています。記事がお役にたちましたら、応援していただけるとうれしいです。応援はこの下のリンクを一押ししていただくだけでOKです。 o(^▽^)o
にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ

 当サイトのすべてのページは、サイトマップからご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   管理人プロフィール   リンク集


最新記事


足の臭いの悩み・原因と対策・解消法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。