Category[ 菜の花(ナノハナ) ] - 知って得する野菜の活用術

  トップページ   サイトマップ   管理人プロフィール   リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村・野菜料理・料理ブログランキング”に参加しています。記事がお役にたちましたら、応援していただけるとうれしいです。応援はこの下のリンクを一押ししていただくだけでOKです。 o(^▽^)o
にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ

 当サイトのすべてのページは、サイトマップからご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   管理人プロフィール   リンク集
  トップページ   サイトマップ   管理人プロフィール   リンク集

”おばんざい”と菜の花のお吸い物

2009年03月29日 00:23

 このページでは、京都の”おばんざいについての豆知識と、菜の花のお吸い物の作り方をご紹介しています。


 最近、京都のファミリーレストランや、小料理屋さんとかで、”おばんざい”という言葉をよく目にするようになりました。

 本屋さんへゆくと、お料理関連の本の表紙にも、”おばんざい”というタイトルが多くなったように思います。


 京都以外の所ではどうなのでしょうか?


 ”おばんざい”とは、もともと、常日頃から質素倹約を心がける京都の一般家庭でたべていた普通のお惣菜のことを指して言う言葉です。

 身近な旬の食材を上手に使って、手間をかけずに、無駄なく使い切るふだんのおかず、京都伝統の家庭料理のことです。

 京都伝統、といっても特別なお料理ではありません。ごくありふれた、質素なお総菜、それが”おばんざい”です。

 だから、生粋の京都人の感覚では、”おばんざい”は、わざわざお金を払ってまで食べるお料理ではない、と感じてしまうのです。(”京都人もどき”の私でも、やっぱりそういう感じがします。)


 ところが。


 ”おばんざい”を食べさせてくれるというお店に、実際に行ってみると、京都に暮らしている私たちがよく知っている”おばんざい”とはまるで違う、豪華なお料理が出てきます。


 たしかにおいしい。とってもおいしいんだけれど、

 ”これって、”おばんざい”ちゃいますやん!”、と、つい心の中でつぶやいてしまいます。


 ”おばんざい”は、漢字で書けば、”お番菜”。お茶で言うとろこのお番茶のようなものですね。

 たとえば、大豆と昆布の炊いたん(京都では煮物を”炊いたん”と言います)や、あらめ(ひじき)の炊いたん、おからをだしでといた汁などなど。


 本来の”おばんざい”は、胸を張ってお客さんにお出しするようなものではありません。


 京都人にはとても合理的な考え方が根付いています。

 ここ一番と言うとき、つまり”ハレ”の日ですね、おもいっきり贅沢をする。

 大切なお客様が来られたときには、仕出し屋さんから一流ののお料理を届けてもらって、おもてなしをする。

 そうすれば、下ごしらえも、後片付けもいらない。

 何よりもプロが作ったお料理ですから、とってもおいしくて、喜んでもらえるから、自分で作ったりして恥をかいたりする心配もありませんもの。


 で、普段は、質素な”おばんざい”を食べて倹約を心がけてきた、というわけです。


 ”おばんざい”のうんちくはこのくらいで。


  今回は、私の嫁御の実家で春になったらかならず出てくる、菜の花のお吸い物の作り方をご紹介してみたいと思います。

 とてもシンプルで、作り方も簡単です。

 いわば、わが家の、”おばんざい”といったところです。


 用意するもの(2人分)


 菜の花  … およそ1/4束 / 塩  … 少々 / 生麩(紅白の花の形のものがかわいくていいです。厚さ1cmくらいに切っておいてください)  … 4枚 / ゆず皮 … 少々(千切りにしておきます)

 本みりん … 小さじ1 / うすくちしょうゆ … 小さじ1/2 / かつおだし(液体) … 小さじ2弱 / 塩 … ひとつまみか、ふたつまみ / 水  … 2カップ


 作り方


 1. 菜の花をさっと塩ゆでします。

 菜の花の上手なゆで方については、菜の花のゆで方のコツと、菜の花のおひたしのレシピのページをご覧ください。

 2. お鍋に、本みりん … 小さじ1 / うすくちしょうゆ … 小さじ1/2 / かつおだし(液体) … 小さじ2弱、塩 ひとつまみかふたつまみ、水 2カップを入れて、煮立ったら生麩を入れてもうひと煮たちさせます。

 3. お椀に、塩ゆでした菜の花を入れて、ひと煮立ちさせただし汁を注いで、ゆずの皮の千切りをを添えてできあがりです。


 時間にしておよそ10分か15分くらいでできますので、ぜひお試しください。

 今回は、京都の”おばんざい”についての豆知識と、菜の花のお吸い物の作り方をご紹介してみました。


スポンサーサイト

当サイトは、にほんブログ村・野菜料理・料理ブログランキング”に参加しています。記事がお役にたちましたら、応援していただけるとうれしいです。応援はこの下のリンクを一押ししていただくだけでOKです。 o(^▽^)o
にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ

 当サイトのすべてのページは、サイトマップからご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   管理人プロフィール   リンク集


最新記事


足の臭いの悩み・原因と対策・解消法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。